かつて、関東の板橋美術館へ絵本の研修を受けに通ったことがございます。

 

そこでお世話になったのが、インドのタラブックスという出版社のギータ先生だったのですが、私に本当の意味の「ハンドメイド」を教えて下さった方であり、絵本や物語を創っていく上で大切なことや勇気を与えてくれた方です。

 

この方から学び、やっぱり私がハンドメイドが好きだと思った理由としては「一番魂がこもる」からでしょうか。

絵は人の鏡。違うという人もいるけれど、良い意味で私はこれを本当だなぁと感じてます。

 

そんなギータ先生が板橋美術館で展覧会を開催されます!

私も渡邉さん(デザイナー)と合作させて頂いた絵本ダミー『SORAN』を展示予定です。

皆様ぜひ板橋美術館へおこしくださいませ!

 

 

 

 

 

 

■詳細 -----------------------------------------------------------

開催場所:板橋美術館

開催期間:2017年11月25日(土)〜2018年1月8日(月)

開館時間:9時30分〜17時(入館は16時30分まで)

休館日 :月曜日、12月29日〜1月3日(1月8日は祝日の為開館)

観覧料 :一般650円、高校・大学生450円、小・中学生200円

     (土曜日は小中高校生は無料です)

 

■招待券・パンフレット -----------------------------------------

10部限定ですが、チケットとパンフレットをお送り致します。

送料:120円

 

10月30日 19:00より販売開始予定

お求めの方はオンラインショップへどうぞ!

-------------------------------------------------------------------

 

▲ 『SORAN』

ソーラン節をテーマに描いた子ども向け絵本です。

杉原作:右上・下2枚

渡邉デザイナー作:左上表紙

 

▲渡邉デザイナー作

 

 

カラーのページや、描きかけのラフ・メモ等、当時のそのままの状態で美術館へお送りしておりますので、良い意味でリアルなものをご紹介できて良かったかなと笑

 

 

ワークショップ等もあるかもしれないとのことで、杉原は足を運べるかどうか怪しい所ですが、もしよろしければ皆様是非お越しくださいませ!!

 

関東の美術館での展示に向けてちょこっと作業を進め、

旅手帳も順調に作り終えまして、本日でご注文頂いた分は全て完成です♪

沢山のコメントメッセージを頂けてとても嬉しく思っております!本当に有難うございます馬

と、そんなタイミングですが、息抜きに絵を描きたくなりまして。

久方ぶりに漫画を描いてみようかなと思い立ちました♪

 

 

▲愛用してる画材たち

 

 

▲ペン入れ途中の原稿

今回はB4の原稿用紙を使用しました。久々すぎてGペンの…ガラスペンの感覚が…笑

題材は『誓いの旅人たち』です。画集同様、あたためていたちょっとしたエピソードをショートで描いてみようかなと。

 

 

▲仕上がってきた原稿

ベタまで終えて、スクリーントーンをペタペタ〜ホワイトもペタペタ〜

私はいつまで経ってもアナログ派です。仕上げや台詞入れは勿論デジタルですがw←

 

 

こちらの漫画は、当サイトのGALLERY「コミック」からご覧頂けます。

一ページずつの更新となります(時間かかってすみません…ボソッ汗

ボイスドラマ第三弾の導入エピソードとなる予定ですので、よろしければお楽しみ下さいませクローバー

 

他にもいろんなエピソード描きなぐっていけたらいいなと思います。

 

 

 

スケッチブック画集『アンナ・マスタング』をご購入頂きまして有難うございます!

昨日までの受注分は全て発送が完了しております。

 

今回容量の関係上、スマートレターでの発送希望の方に関してはお手紙がついておりません;

何かございましたらメールフォームにてご連絡下さいませ。

 

のりがペタペタすることもあるかと思いますが、ページは前ページ問題なくめくれるはずです(確認済)

又、革(裏地)のコバ処理は済んでおります。透明色ですが、一部白くなってるような場合は申し訳ございません;

カビではないのでご安心ください!

 

アキの旅手帳Verの売上50%は被災馬支援金とさせて頂きます。

こちら11月のイベントを終えた段階、12月中旬に振込を致します。

誓旅の寄付金同様で、振込の報告はこちらのブログでさせて頂きます。

 

数冊分ですが、すぐに仕上げられる準備が出来ておりますので、もしよろしければオンラインショップを覘いて見て下さいませね!

 

そういえば先日、画集本編の印刷を終えた頃だったでしょうか。街へ出ていた時のことでしたが、たまたま立ち寄った本屋さん(子ども向け本・絵本コーナー)で、まさに寄付させて頂こうとしていた被災馬関係の方の本を見つけまして!出版は講談社さんの青い鳥文庫『生きているだけでいい! 馬がおしえてくれたこと』という一冊だったのですけれど、ココよ!とばかりに馬の写真がこちらに向いていてww 9月に出たばかりの本だったようで、メインに描かれる方の友人(親友)が著者のようだったんです。親友の活躍を一冊の本にしたいと…。最初の方をパラパラと読んでみて、何かを感じたかのようにカウンターへ向かって衝動買いしてました。金欠のくせに笑←

まだ最後まで読めてないのですけど、いつかここの乗馬クラブや著者の方とお話ししてみたい、そんな心地でした。

 

 

------オマケ(誓いの旅人たち3)-----------------------------------------

 

脚本こそまだ作りかけですが、浮かんだエピソードのラフを起してみたり、旅先で記録したメモを読み返してみたりと、少しずつ執筆をしております。頭の中にイメージする“ある程度の大まかなストーリー”がいくつか浮上していて、それをうまいこと組み合わせられれば一本になるのだが、パズルがうまくいかない…笑 と、第二弾のタイムスリップのシーンを執筆していた時を思い出します笑 あの辺も大分煮詰まっていた状態でした。書き直しては消し、書きなおしては消し…。

 

そんな第二弾の続編として今回第三弾がありますが、今までケイに助けてもらってきたアキが“ケイを助ける”というような内容になってます。今まである程度一人で乗り越えてきたケイですが、ある日突然何らかの問題(障害)を抱えることになります(その症状は、実は第二弾でほんの少しチラチラしておりました…。)急に乗り越えられなくなった挫折感・立ちはだかる問題…ここで大事になってくるのが「友」の存在です。ケイの友と言えば、アキ・オリヴィア・ノーマンがおります。そしてもう一つの「友」として彼らに集う「動物達」がおります。彼らの働きかけがケイの心にどう響き、ケイの行動が周囲にどう影響してくるでしょうか…。

 

ただ平凡な日常で、友の励ましによって立ち上がれれば良かったのでしょうけど、抱えるその問題が「友に簡単に支援させない状態」を作ったりだとか、友が支援したいと思うタイミングで変に「“過去の恨み”に邪魔される」だとか…。

「友」の力を借りてケイは回復するでしょうか。又、アキは今度こそ旅人になれるでしょうか。

今回もあれこれ複雑な心の動きがあり、山へ行ったり海へ行ったり火山へ戻ったり…。

 

公開は来年のデザフェスを目標にしております。

第二弾とは制作スタイルを変え、今一人、黙々と水面下で作業を行っていっておりますので、まだまだ情報は控えさせて頂いておりますが、これまでのエピソードをお楽しみ下さった方も、これからの方も、是非お楽しみに下さいませね。

 

 

↓↓↓オマケで、ラフをほんの少し公開致します。

 

 

クレメンズの前にて、ケイとの戦い。

突然言い放たれた「かかってこい」の一言に、訳も分からず殴りかかるアキ。

しかし戦い慣れたケイの動きは速いもので…。銃のハンマーが腹を命中、アキはそのまま気絶する。

「ダメだ、こんなんじゃ…。

アキ、次は俺を殺すつもりで本気でかかってこい…

頼むから…」

 

 

海辺では波の音と焚火の音しか聞こえない。

目覚めたアキは先程のことを思い出し、モヤモヤとする。

「何さっきの…」イライラを募らせ一人帰ろうとするが、何かを見透かしたアンナに止められる。

 

ケイ「話がある…」

アキ「聞きたくねぇ、知らねぇ」

ケイ「ーーーー、俺はお前を殺すかもしれない。」

アキ「は?」

 

ケイ「お前死ぬんだよ…。俺が殺すの…お前を…」

 

アキ(泣いてる…?顔に出さないけど、声…涙声じゃね…?)

 

ケイ「俺の意志じゃない…、けど殺すのは俺だ…」

 

アキ(え…何…?どこまでマジな話してんのコイツ…)

 

ケイ「だからお前は…

俺が襲ってきたら…迷わず引金をひけ…

頼むから…」

 

アキ(頼むって何?コイツ何言ってんの?

俺…ケイに殺されんの…?)

 

 

 

 

詳細は、まだ伏せさせて頂きます。

第三弾の前に、子ども時代のエピソードとして絵本『樹はうたう』の発表がございますので、もう少々お待ち下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キンモクセイの香りが涼しい秋風にマッチしてますね。

昔からこの香りが大好きで、学生の頃にキンモクセイの練香水なんかを見つけた時には喜んでいたような記憶がww

しかしながら好きなのは、やはり本物ですね笑

 

画集について ------------------------

 

さて、先日にスケッチブック画集『アンナ・マスタング』を販売開始を致しました。

 

 

画集単体と、アキの旅手帳Ver(オマケのミニカード付き)の2種類です。

※こちらの旅手帳Verの売上50%は、被災馬支援金に充てさせて頂きます。

※全てハンドメイドの為、3冊ずつの販売とさせて頂いております。

 

夜中の販売だったにも関わらず、有難いことに旅手帳Verは即日完売となりました。

画集単体の方も、現時点で残り2冊です。

 

 

この画集は、アキと愛馬であるアンナの出会いのエピソードの紹介(絵本スタイル)と、第一弾〜第三弾、絵本『樹はうたう』の為のスケッチを掲載しております。

 

 

アキとアンナの出会いのエピソードは、ドラマ本編では描けていなかった部分です。描きたいなと思っていつつ、自分の中にこっそり温めていたエピソードでした。よって、スタッフ・キャストの皆様も初耳なものになります。フリー公開しております第一弾をご試聴頂いた上でご覧頂くと、更に面白みが出てくるかと思います。

 

第一弾の中、震災によって荒地と化した故郷で、アキとケイは珈琲片手に焚火を見つめながら語り合っています。

「お前はこんなところで何を?」と問うケイに、アキは「怪我しそうになってた馬を拾ったもんで手当て的な…」と何でもないような口ぶりで話しています。が、……はたしてこれはどこまで本当でしょうか。

 

第一弾〜第二弾を通してお楽しみ下さった方は、アキがどういったタイプの人間かお分かり頂けたかと思います。優しさが裏目に出るタイプ…と言ったらいいのでしょうか。心配かけまいとして、自分の中に押し込めてしまうところがあります。あの一言に何か隠されているとしたら?第一弾でアキがケイに話す「怪我しそうになってた馬を拾った…」の真実とは?

 

第二弾主題歌の「きみへ…」のフレーズがちょこっと入っていたり、第三弾については初公開のキャラスケッチも掲載しております。是非画集とドラマ本編、それからサンプルボイスのページにある『帰ってみようか…』もあわせてお楽しみ下さいませ!

 

 

 

▲ アキの旅手帳Ver

 

第三弾で、いよいよ夢見てた旅人になろうとするアキですが、旅の前に自分の手帳を作ります。

あまりの手作り感に、ケイには笑われ「初日でおじゃんだ」等とバカにされますが…w

(余談ですが、馬蹄のネックレスはアキがケイから幼い頃にもらったもの。私も個人的に革の旅手帳を持ち歩いていますが、このネックレスを旅手帳にはさんでお守りにしていますw)

 

▲ アキが、お守りやメモ等をはさんでおく為のポケット

 

▲ 旅手帳に残されたスケッチ風のデザイン

 

物語の中で、アキは “旅先で、見たこと聞いたこと感じたことを、言葉やスケッチで残していく” スタイルを取りますが、画集本編も、そんな旅の記録をイメージして制作しました。第二弾までは、絵に関しては壊滅的だったアキですが、見る力を身につけ養っていく内、少しずつ線が整ってきた…かも?自分の手帳ですから、自分が分かればそれでOKなんでしょうけどねw

 

 

▲ オマケのミニカード

 

大草原を駆けるアキとアンナ、子ども時代と、成長した姿の3枚です。手帳Verにのみついて参ります。

 

本当ならここに、アキのループタイがもう一つオマケでついていたのですが、注文していた品が未だ届かず、残念無念;

次の機会があればまたトライしてみたいなと思います。

 

スケッチは、ケイはもちろんオリヴィアやノーマンもおりますので、よろしければ是非お楽しみくださいませ♪

 

 

被災馬支援金について ------------------------

 

振込完了分はこちらにて随時ご報告させて頂きます。

寄付額は『アンナ・マスタング(アキの旅手帳Ver)』売上分より500円です。

沢山のご協力を誠に有難うございます!!

 

Last Up>2017.12.1

振込:〜11/30分までの売上

 

 

▲12/1振込

 

 

 

9月下旬で、風はひんやり心地よく、日差しはやはり暑かったですね;

しかし大好きな金木犀の香りが流れてくる秋が、やっぱり好きな杉原ですww

 

さて、9月の仙コミ240参加して参りました!

今回のディスプレイは簡易モードでしたが、大き目の原画があると、このくらいの方がいいのかもしれないなぁなんて思いながらセッティングして参りましたw

 

 

今回、創作物語についてお話しさせて頂ける機会が沢山あったので、めちゃくちゃハイテンションでした←

近隣の皆様、騒いでしまって申し訳なかったです…;

 

毎度、「創作絵」という部分だけ見て頂く感じでしたが、「物語がある」という部分を知って頂けたことがとても嬉しく思いました。その物語を知った上で、商品をお手に取って頂けるのは本当に幸せでした。

商品一つ一つにも物語や設定を込めて製作しておりますので、是非お声掛け下さいませww←

 

又、『誓いの旅人たち』に関しては、ドラマCDをお楽しみ下さった方々が、キャラクター達の名前を覚えて再びブースへ足を運んで下さり、直接ご感想を頂けたりもして、とても幸せでした…!!続編や絵本といった関連商品も楽しみにして下さり本当に有難うございます!!大切に仕上げて参りたいと思います。

 

又、アキとアンナの鉛筆画にも目を留めて頂き、誠に有難うございます!

これからセピアにしていく予定ということでご説明をさせて頂きましたが、実は「ここでやめておくか…」というのも検討中だったりしますww どっちになるのか…、よろしければ新刊『アンナ・マスタング』をお楽しみに下さいませww

 

新刊『アンナ・マスタング』については、近日オンラインショップにて販売致します。次の出展予定がまだ立てられない状況ではございますが、決まり次第そちらのイベントでも販売を行う予定でおります。

 

 

私情により、10月以降の出展は検討中です。

落ち着き次第、また出展の予定を立てて参ります。当サイトとツイッターINFOアカウントにて随時お知らせさせて頂きますので、よろしければご覧くださいませ。(INFOアカウントをフォロー下さいました皆様、本当に有難うございます!!)

 

改めまして、この度は足をお運び下さいました皆様、ツイッターにて拡散下さいました皆様、誠に有難うございました!!

 

 

---- 備考 ----------------------------------

 

出展中お声掛けいただく「スケブ」について。

当サークル「olive」のオリジナルキャラクターのみ受け付けております。

ご希望の方はお申し出下さいませ。キャラクターと受渡しについてのご案内をさせて頂きます(鉛筆画になります)

又、一日3件とさせて頂いており、先着順となりますのでご了承下さいませ!

 

是非次の出展の参考にして頂けましたら幸いです。

 

 

 

秋風が心地よいですね。

季節で一番好きなのが、実は秋だったりします。

 

さて、来週は仙コミ240です。

お品書きは前回と同じ内容になりますが、1つ新刊を用意出来たらと考えております。

絵本『樹はうたう』出展前に、関連の新刊です。

 

 

『アンナ・マスタング』スケッチブック画集 ¥500

 

 

▲ アキとアンナ(マテリアル:鉛筆)

未完成のものです。

完成は画集と仙コミ240でお楽しみください!

 

『誓いの旅人たち』より

カウボーイであるアキの愛馬アンナのラフやスケッチを寄せ集めた画集になります。

※ 手製本(ハンドメイド)になります!

 

9/24 仙台コミケ240 にて販売を行います。

オンラインショップで販売も行う予定でおりますので、是非お手に取ってご覧くださいませ。

 

何故ここでアンナか…。

実は現在制作中の第三弾、アンナが沢山活躍しております。

アキが心から一番に信頼するアンナはどういった存在か…

又アンナにとってアキはどんな存在か…

 

是非この画集のスケッチから触れて頂けましたら幸いです。

 

 

------ 9/23追記 ---------------------------------------------

 

2017年9月24日 新刊画集の販売予定でございましたが、運送トラブル?により材料調達に時間がかかっている為、オンラインショップでの販売とさせて頂きます。オンラインショップでの販売開始は9/30〜10/5を予定しております。

仙コミにてお求め希望だった方は、ブースにてお声掛け下さいませ。

 

------ 9/30追記 ---------------------------------------------

 

「画集(¥500)」と「アキの旅手帳Ver画集(¥800 ⇒¥1,000)」の2種類をご用意させて頂く予定です。

 

●画集 (¥500)

・本編 56ページ

・紙表紙

・オマケ(ドリップ珈琲)

 

●アキの旅手帳Ver (¥1,000)

・本編 56ページ

・レザー表紙(アキのループタイ風アクセサリー付き)

・ミニカード

・オマケ(ドリップ珈琲)

 

※アキの旅手帳Ver画集の売上50%は東日本大震災の被災支援金とさせて頂きます。

 

 

------ 10/5追記 ---------------------------------------------

 

2017年10月5日 新刊画集の販売予定でございましたが、未だ運送トラブルにより材料調達に時間がかかっております。(発送先がどうやら中国の国際郵便だった模様)急遽、内容を一部変更をかけて再度編集を行っております。

よって、10月7日を販売日とさせて頂きます。度重なる変更を申し訳ございません。どうぞご了承下さいませ。

今日、明日でサンプルの公開可能となりましたらオンラインショップへの紹介も含めお知らせさせて頂きます。

又、12月には私生活が落ち着くような流れになって参りました。11月以降の出展についても、後日お知らせさせて頂きます。

 

 

 

 

▲小さなリングと小さなアキ

『誓いの旅人たち』より

 

遅ればせながら、残暑見舞い申し上げます。

既に秋の色を感じられる8月下旬ですが、まだもう少しだけ夏を満喫したい杉原でした。

今年はまだ春の海山にしか行けてない。

落ち着き次第、遅めの海山へ足を運べたらなと思います。

 

 

▲甚平アキ

 

先日リクエストを頂いた「和スタイルのアキ」です。

ケイとノーマンは浴衣な気がするのですが、アキは甚平なイメージでした笑

 

本日今月最後の出展として、仙コミ239へ参加して参りました!

内容は先週のコミティア殆どそのままですが、出展後すぐにダブルワークがあった関係上、おもいきり簡易的スペースで構えて参りましたw

これはこれでスッキリですし、すんなり設営・撤収出来るので好きです。荷物もね、うん…軽いww

 

クレメンズの蝶も飛ばしませんでしたが、クレメンズの蝶(カードスタンド)は持参して参りました!

今回のカードスタンド…第二弾になるのですけれど、なんと第一弾を購入下さった方も何名様かブースへ足を運んで下さいまして!!すごい!!うれしい!!今頃きっと第一弾と第二弾のカードスタンドが並んで…る?

覚えてて下さって有難うございます!!

カードスタンド、何気に作るのが好きではあるので、第三弾もお楽しみにww←言ったな

 

さて、お次は9月の仙コミとなります!

10月以降の生活が落ち着くまでは一先ず次で最後。

早めに落ち着けるようであれば早々に準備整えてもそもそ出展して参りますm(__)m

 

 

▲ 本日ライブスケッチしていたもの

 

ケイとアキの暮らす世界、カルディの暮らす世界、ノエルの暮らす世界…

oliveにはいろんな物語がありますが、大地は一つです!

 

カルディ「しっ!僕がここに居ることは内緒にしてくれよ?」

アンナ 「あら、誰にもいいませんとも。けれどね、もしも万が一あなたのことが知られたとして、アキ達なら心配いらないわ。きっとあなたのことを歓迎してくれると思うから。」

カルディ「だとしたら素敵だなぁ!いつかきっと話してみたいもんだよ!そうなれると思うかい?」

アンナ 「ええ、きっとね」

 

 

 仙台コミケ239 --------------------------------

 

先週のコミティアを終えて、明日の8/27(日)に引き続き、地元仙台にて仙台コミケ239へ出展の予定です。

お品書き内容はコミティア121と変わりません(1点ものは在庫分の販売になります)

ただし開催場所や時間は以下の通りですクローバー

 

--------------------------------------------------

会 場:仙台国際センター

ブース:C18「olive」

日 程:2017.8.27(sun)

時 間:11:00-15:00

 

※14:30に撤収作業を開始する予定です。

--------------------------------------------------

 

当日のリアルタイムの情報は、変わらず「olive-INFO-」アカウントより流して参りますので、よろしければご確認下さいませ!

又、秋からライフスタイルが変わっていく関係上、9月をもって「olive」出展は今年ラストとさせて頂きます。(落ち着きを取り戻せて参りましたら、年末に絵本だけでも出展を…と考えておりますが未定です)またその都度お知らせさせて頂きます。

 

 

 

 『誓いの旅人たち』関連 --------------------------------

 

突然ではございますが、私生活の関係上『誓いの旅人たち』関係の出展予定を、下記の通り変更させて頂くことに致しました。

又、今後「olive」出展は、ボイスドラマや絵に関わらず、アートイベント出展へと方向性・思考を変えて参ります。ボイスドラマ企画(長編もの)は今回の第三弾で最後とし、『樹はうたう』のようなボイスドラマ絵本をメインに企画制作していく予定です。

 

 

オリジナルボイスドラマ絵本『樹はうたう』

予定:2017年11月コミティア・秋M3 ⇒ 2018年春デザフェス

 

オリジナルボイスドラマ『誓いの旅人たち掘

予定:2018年秋M3 ⇒ 2018年秋デザフェス

 

※ 落選の場合コミティアを予定、M3出展予定は今後ございません。

※ オンラインショップは作品完成後通常販売予定です。

※ 『樹はうたう』は2017年中完成予定です。

 

 

 

 

 


8月19日-20日でコミティアの為に関東旅しておりました杉原です。

 

コミティアは人生初!国際展示場での出展はデザフェスぶりでございました!

今回『誓いの旅人たち』より、ケイとアキの秘密基地クレメンズの小屋をイメージしたディスプレイで作品紹介をさせて頂きました。

 

▲全体イメージ

 

  

▲ケイとアキの伝言掲示板

ケイのバイクやアキの愛馬アンナのスケッチ、物語の中で冒険の舞台となったペンヴァニア火山、そして新たな冒険でアキとノーマンとオリヴィアが登るセス山のスケッチ、クレメンズの内部スケッチ、そして左上に見えるのはアキが牧場近くで見たという「スズメに乗って空を飛ぶネズミ」のスケッチ!

 

黒板にはケイとアキの残した「Welcom」がありますね。

所々にケイとアキがメモ帳でやり取りをしていますね。青で囲まれた箇所の会話をご紹介します。

 

アキ「ケイへ、この間森で光る蝶を発見!」

ケイ「捕まえたら見せて」「っていうか本当か?」

アキ「ホント!! ××かだ!!(確かだ)」

…しかし、あら?

アキのメモが途中で切れてますね。誰かに破られたようだけれど…

下へ視線を移すと、破られたメモの端っこがありましたよ!「確」の文字も見えます。

ケイとアキのサインの下です!よく見ると、小さな茶色い字で「and Kaldi」とあります。メモ帳を破った張本人はカルディでしょうか?その証拠にほら!破られたメモにはほんの少し絵具が付着してます。サインを残す際に、背負ってた大きな筆が触れてしまったのかもしれませんね。ケイとアキに混ざって「僕もいるよ!」そう言いたかったのかも。そして更にその隣には鉛筆で「Noel」の文字が!シマリスのノエルも、きっと混ざりたかったのね。

 

ちなみに破られたメモ帳を見てケイは「ホント!!××やだ!!」と読み間違えたみたい。すぐ下に「嫌なの?」ですってw

 

 

▲クレメンズの森の蝶

アキが見たと言う「光る蝶」はこの日クレメンズに集まってきていました!

一匹ずつ青と赤の蝶がとまっていましたが…気が付きましたか?

何故、青と赤かって?そういえばケイとアキはかつて不思議な「オカリナ」に助けられたことがあるみたいです。そのオカリナは「青と赤」だったんだとか!又、クレメンズの小屋の屋根の色も「青と赤」ですね。蝶は同じ色に寄ってくるのでしょうか?

 

 

イベント当日は、ツイッターやフェイスブックで仲よくして下さっていた作家やボイスコの方々が足を運んで下さり、とても有意義で貴重な一時となりました!会いに来て下さった皆様本当に有難うございました!!ツイッターのアカウントを消してしまっても、わざわざ足を運んで下さる方々が沢山いらっしゃいまして本当に感激でした…(T_T)

個人的に大好きな作家さんや、『誓いの旅人たち』シリーズのオリヴィア役のキャスト様等…思わずハグ!!至福!!!しかしブース設営で汗臭い中本当にごめんなさいでした〜(T_T)

 

ちなみにイベント後は、『誓いの旅人たち』を聴いて下さったリスナー様と急遽ディナーへ♪←

直接感想等も聴かせて頂いて、本当に有難く楽しい夜でございました!レストランは以前から気になっていたところ♪場所も料理も酒もハズレなしww 自分の中では久々のヒットだったかもしれませんw また足を運ぼう!

 

▲リスナーさんと食べたデザートw

厨房にいたケイとアキからメッセージが!?的なのを楽しんでみたくて、事前にチョコレートメッセージをお願いしていたんですが、笑ってしまいましたww 店員さん絶対「なんすかこれ?」ってなったと思いますwwすみませんですーww

 

--------------------------------------------------

 

今回の旅なのですけど、実は初日から物凄く「出会い」が多い二日間でですね。ハプニングはありつつ、その先に必ず不思議なご縁が待っていて。不思議なものを感じるそんな旅だったんです。

 

先ず家を出て、ディスプレイを詰め込んだキャリーをガラガラとさせていったのですが、やはり重くて中々前に進まなくてですねww 勿体ないながらもバス停までタクシーを使ったんです。(タクシーって高いのですけど、乗務員の方と旅話で盛り上がれるのが割と好きで笑) でもこれが正解。ここでタクシーを使わず無理やりガラガラさせていたら、後から起こったハプニングがもしかしたら仙台で起こっていたかもしれなかったんですねw 何が起こったか、後で書きますw

 

一先ずバスに乗車。すると、インターで事故があってけっこう長い渋滞になっているとのこと。今回は珍しく迂回ルートで関東へ向かうことになり、サービスエリアも普段降りたことのないスポットでした。サービスエリアが何気に大好きな私は(事故での迂回なのに)ワクワクしてましたねw 最初に降りた場所が一番ワクワクでした。福島の南相馬サービスエリアに降り立ったのですが、野馬追の里だけあって、いたるところに 馬 馬 馬ぁあああああ馬 馬 ハート

大好きな馬だらけだったわけですよ!!!トイレの壁には馬蹄がびっしり!!!一発目からやってくれるぜ、なんだこの素敵なエリアは!!とwww 15分では足りなかった…!!馬たちとの素敵な出会いに大興奮でございました。

 

そして次なる小さな出会いは、バスの窓越しから…。

ようやく関東へ辿り着き、高速を降りる寸前にチラリと見えた生き物がいたんです。それは一匹のアゲハチョウ蝶

ブースのディスプレイの話にも繋がりますが「クレメンズの蝶」が出迎えてくれる様子を見てるみたいだと、恥かしながら思ってしまいましたね笑 一つ、作者個人の想いにふける楽しみというやつでした。

 

さて、ワクワクして新宿へつくやいなや一つ目のハプニングが!

バスを降りてキャリーを引きずっていましたら、なんとなく進まないわけです。何故か?キャスターを確認するとなんと…4つの内1個が……Σわ・れ・て・る!? ショックというか絶望というか…ww こんなところでこんな重いキャリーをこれから抱えていくのかと!?大分焦りましたね笑 一先ず1個になってしまった前輪を後輪にして、伸びない方の持ち手部分を掴んで必死に親友宅(宿)へ転がしましたww 

 

そして二つ目のハプニング!!

実は杉原、かなりの雨女なんですが…発揮してしまいましたね、力を制御出来なかったですねww 仙台で天気予報を見て「あ、私が関東入りしたとたんに降り出して、宿へ戻る時にやむのか、そうかそうか」というw

にしても「二時間で1000発の雷」と報道にもありましたが、本当にゲリラ豪雨でしたね。親友も私も雷が鳴るとワクワクしてくる方なのですが、目の前で大砲を鳴らされてる感覚で流石に外食予定どうしようか…となりましたね。この時に何気に(SEとして録音してぇ…とか思ってしまったのは内緒です←)

 

気になるお店は何店舗かありつつ、雨の降ってないエリアということで横浜へ。(実は『誓いの旅人たち掘戮妊吋い肇▲が酒を飲みかわすバーがあるのですが、モデルにさせていただいたダイニングバーがありましてw そこへ)

で、雨が心配なので地下鉄で向かっていったのですが…やっぱり力を制御出来なかったというか、連れてきてしまったようでですねぇ…ww これまで横浜に出ていなかった雨雲レーダーがこちらへ向かってどんどんやってくるではありませんか!(『誓いの旅人達供戮妊汽潺絅┘襪気鵑醗貊錣縫吋い肇▲が見ていたサーモグラフィーを思い出してましたw)

 

「おいおいおいおいどんどんこっちに来てっぞ!」

「すまん、呼び寄せた」

「だんだん本当にお前のせいだと思い始めてきてしまった」

「いいかいこれはネタの話だ!ww」

「ほんと雨呼ぶな?」

「でもね、実はあんまりそう言われるの嫌じゃないんだ」

「巻き込むな〜」

「うっせ」

 

ケイとアキかという変な会話をしつつ、一先ず店舗へ。行くかも!とフェイスブックでやり取りをさせて頂いたオーナーさんがなんと雨の様子を気にしつつ待っていてくれましたw

 

さぁてここで更なる出会い!

オーナーさんとは初めてお会いしたのですけど、話してみるとこれがまぁなんともケイのパパ・サミュエルさんなわけでww

ノリが良ければ話も合うしで酒が進む進むw 物創りやアウトドアが大好きなようで、本当にいろんなことを教えて頂きました!こんなに長時間お話し出来たのは実は雨のおかげw お客は流石に私と親友のみだったんですね。

かつて沖縄の海で海蛇に噛まれそうになったことがあったんですけど、波の流れが強くて海蛇の方が流されていったっていうことがあって。その時はゲリラ豪雨じゃなく台風を呼んでたようなのですねw 風が強くて潮の流れも速くなってて。ある意味台風に助けられたんですよね。海蛇はハブより毒が強いようなので、本当に助かりました。

なんでか雨を呼んでしまうのですけど、実はそのおかげで、助かったり楽しかったりっていうのが多いんですw だから雨女と言われるのも今ではあまり嫌じゃないw

 

そんなこんなで、さっきのアゲハではないですが、店舗で三人だけだったあの一夜。まるで本当にケイとアキとサミュエルさんの三人で駄弁ってるようで、ただただ楽しかったですねビール

ちなみにその方、バイクにも乗るみたいなのですけど、私が個人的に憧れてるトライアンフに乗ってらして!「いつかスクランブラー乗り回したいんです」って話したら、なんと…乗せてくれましたwwww 

 

 

個人的にはケイの気分でいたのですけどね…

 

杉「わぁーわぁー!すげぇー!!乗ってる!!やべぇ!乗ってる!!やべぇ!!」

友「少し落ち着いてくんない?」

オ「ホント、落ち着けw」

 

会話が残念ながらアキのままだったかもしれませんw

他にも面白い?変な?やり取りが沢山ありました。きっとドラマで使用されていることでしょう笑

 

名残惜しくも店を出て、翌日のコミティア終了後くらいですかね。オーナーさんから「またおいで」とメッセージを頂いたので「是非に絶対!」と意味不明な日本語で返してしまいましたw でも、きっとまた来ます!

 

そんなこんなで、ハプニングの中に出会いの多い旅でございました。

 

翌日のイベント終了後(リスナーさんとの飲みの後ですが)今回は寄ることがなさそうだなと思っていたメキシカン(何故か旅の後はとあるメキシカンの店舗と決めている杉原)にも結局立ち寄りw カルディ気分で、いつものタコスとビール・アミーゴで乾杯。そのまま夜行バスに乗って、今朝方帰仙して参りました。

 

まだ余韻が残っており覚めませんが、本当に幸せな二日間でした。

現実に戻ってみれば、やっぱり気が気じゃないようなタイミングの中にいますが、こういう焦ってしまいそうな時や凹んでしまいそうな時こそ、夢中になれることやちょっとした幸せ探しというのが本当に自分を支えるなと、思わずにはいられませんでした。

 

今後とも、行き当たりばったりな出会いの旅を大事にしていきたいなと思いますね。

売上なんかより、はるかに大事で永いものを得られたような、そんな旅でした。