将来どんな生き方をしたいか、みたいな話で、よく親友にだけはこぼすんですけど…

 

売れっ子の作家になって、有名になって、っていうのは全然考えてなくて。

出版社を通して本を出してみたいっていう夢はありつつ、本当に望む自分のスタイルって、世の中とはきっとかけ離れているのかもしれない。

 

ターシャやポターじゃないですけれど、どこかの田舎でひっそり絵を描いて物語を書いて本にしていきたいんですよね。

今続けてる、自分の力で稼いだ金と二本足で歩いた旅、人生観を物語に綴じ込めていくスタイルはそのままに。

出来れば、馬と犬と一緒に過ごしながら…なんて。

 

旅に出て帰ってきた親友やその友達とかを時々迎えて、泊めさせて。

翌朝にコーヒー一杯でまた旅へ送り出す。

 

高級な車?料理?いらない。

それなりに食べるものがあって、着るものがあって、健康で大好きな創作が出来てればきっと幸せなんだろうな。

 

今の職場では、ある程度の仕込みと簡単な調理しかさせてもらえないけど。

いつか見様見真似で、自分の家の窯でアップルパイだのピザだのパンだの焼けたら最高だなって思うのね。

薪ストーブを提供してる知り合いからストーブ買って。

 

山の暮らしが大変なのは知ってる。

それでも、憧れとか夢はずっとある。

 

自分らしさ大事に大好きなものを続けていけたら最高に幸せ。

それが自分の幸せ。

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL