秋風が心地よいですね。

季節で一番好きなのが、実は秋だったりします。

 

さて、来週は仙コミ240です。

お品書きは前回と同じ内容になりますが、1つ新刊を用意出来たらと考えております。

絵本『樹はうたう』出展前に、関連の新刊です。

 

 

『アンナ・マスタング』スケッチブック画集 ¥500

 

 

▲ アキとアンナ(マテリアル:鉛筆)

未完成のものです。

完成は画集と仙コミ240でお楽しみください!

 

『誓いの旅人たち』より

カウボーイであるアキの愛馬アンナのラフやスケッチを寄せ集めた画集になります。

※ 手製本(ハンドメイド)になります!

 

9/24 仙台コミケ240 にて販売を行います。

オンラインショップで販売も行う予定でおりますので、是非お手に取ってご覧くださいませ。

 

何故ここでアンナか…。

実は現在制作中の第三弾、アンナが沢山活躍しております。

アキが心から一番に信頼するアンナはどういった存在か…

又アンナにとってアキはどんな存在か…

 

是非この画集のスケッチから触れて頂けましたら幸いです。

 

 

------ 9/23追記 ---------------------------------------------

 

2017年9月24日 新刊画集の販売予定でございましたが、運送トラブル?により材料調達に時間がかかっている為、オンラインショップでの販売とさせて頂きます。オンラインショップでの販売開始は9/30〜10/5を予定しております。

仙コミにてお求め希望だった方は、ブースにてお声掛け下さいませ。

 

------ 9/30追記 ---------------------------------------------

 

「画集(¥500)」と「アキの旅手帳Ver画集(¥800 ⇒¥1,000)」の2種類をご用意させて頂く予定です。

 

●画集 (¥500)

・本編 56ページ

・紙表紙

・オマケ(ドリップ珈琲)

 

●アキの旅手帳Ver (¥1,000)

・本編 56ページ

・レザー表紙(アキのループタイ風アクセサリー付き)

・ミニカード

・オマケ(ドリップ珈琲)

 

※アキの旅手帳Ver画集の売上50%は東日本大震災の被災支援金とさせて頂きます。

 

 

------ 10/5追記 ---------------------------------------------

 

2017年10月5日 新刊画集の販売予定でございましたが、未だ運送トラブルにより材料調達に時間がかかっております。(発送先がどうやら中国の国際郵便だった模様)急遽、内容を一部変更をかけて再度編集を行っております。

よって、10月7日を販売日とさせて頂きます。度重なる変更を申し訳ございません。どうぞご了承下さいませ。

今日、明日でサンプルの公開可能となりましたらオンラインショップへの紹介も含めお知らせさせて頂きます。

又、12月には私生活が落ち着くような流れになって参りました。11月以降の出展についても、後日お知らせさせて頂きます。

 

 

 

二つの旅物語へBon Voyage!!

2017.8.20のコミティア121のお品書きと、ブースについてご案内させて頂きます。

 

『カルディの旅』『誓いの旅人たち』の世界を、クレメンズの小屋からお楽しみください!

 

▲おしながき その

 

▲おしながき その

 

「ケイの馬蹄」は私の友人がハンドメイドしたもので、委託販売となります。

裏話ですが、この友人は「ケイのモデル」の一人です。

この「ケイの馬蹄」と「アキの太陽の雫」には、見開きのミニ絵本が付きます。どんなわけで二人は贈りあったのでしょう。

 

「クレメンズの蝶」カードスタンドは第二弾になります。「海と森」のテーマはそのままに、バージョンアップして帰って参りました!海が5種、森が4種です。キラキラ光る蝶、海の雫や雨粒も是非お楽しみ下さいね!何故、雨粒?さて、ケイとアキのであった日はどんな天気の日だったでしょうか雨

 

「太陽の雫」と「クレメンズの蝶」に使用したサンゴや木の実の素材は、旅先で集めてきたものになります。自然のぬくもりを感じていただけましたら幸いです。

 

画集は次回販売とさせて頂きます、申し訳ございません。又、当日は一部イベント価格となっております。

 

 

▲ブースについて

 

▲ディスプレイ手前にさげる予定の『誓いの旅人たち』MAP

 

ケイとアキの暮らすフィールドですが…

ここでカルディやシマリスのノエルを見たという噂が…

近くに住んでいるのかも?

 

 

『誓いの旅人たち』の主人公、ケイとアキには幼い頃から大事にしている秘密基地があり、彼らはそれをクレメンズと呼んでいました。海辺の林に立つ大きなケヤキの樹に作ったツリーハウスです。

 

ブースディスプレイは、その小屋の中の一部を再現しています。

 

時間がある方は是非トラベルブックに足跡を残して行って下さいね♪

残して下さった方にはちょっとしたプレゼントがあるかも。

 

「NewsPaper」こちらはフリーペーパー(第一弾)になります。

「olive」の世界の情報をお届けいたします。

 

又、イベント当日のリアルタイムな情報を「olive-INFO-」より流させて頂きます。

よろしければご活用下さいませ!当サイトHome画面の右上にリンクがございます。

 

 

【スケブについて】

スケブの受付状況や制作状況についても、「olive-INFO-」にてお知らせを流させて頂きます。

御不明点がございましたら、当日ご相談下さいませ。スケブはoliveオリジナルキャラオンリー、鉛筆画になります。

 

 

▲カルディとシック

こちらの画像がTLに流れておりましたら「受付中」です。

 

▲プレッソ

こちらの画像がTLに流れておりましたら「受付休止中」です。

 

▲ドリッパー

こちらの画像がTLに流れておりましたら「完成」です。

番号札のナンバーと一緒にTLへ流させて頂きます。

 

▲ネルドリップ

番号札です。受付完了時にこちらのカードをお渡しさせて頂きます。

※カードになりますのでTLへは流れません。

 

 

8/20が皆さんにとって素敵な創作旅となりますように。

Bon Voyage!!葉

 

久方ぶりのブログでございます。

そして5・6年ぶりに本を出展致しました!今月の仙台コミケが初出品でした。

 

オリジナル創作『誓いの旅人たち』と『カルディの旅 他』の画集です。

どちらも30頁ちょいで、7年分の内容がつまっております。

いつものことながら、全てハンドメイドですm(__)m

 

 

▲画集『誓いの旅人たち』     ▲画集『カルディの旅 他』

----------------------------------------------------------------------------

キラキラとした表紙に、手彫りした消しゴムスタンプをペタリ!

表紙と同じカラーの糸で本編を縫い合わせ、紐と木の実ビーズで留めました。

 

実はこの製本スタイルにしたのには、ちょっとしたわけがございます。

 

私は旅スケッチを行う際、旅の相棒として必ず革表紙のスケッチブックを持って歩くんですね。

(そんなしっかりしたものではなく、中身は自分が旅先で扱いやすいように全部カスタマイズしてるので、本当に自分専用なんですが;)

今現在、二冊目を持参しているのですが、最初に相棒として旅に連れまわした相棒が、革表紙に中身を紐で留めてあるスタイルだったんです。今回の画集はどちらも「旅」がテーマですし、同じスタイルにしようと決めておりました。

 

(手帳の写真がないのが残念なのですけど;

取り敢えず鞄に画材を詰め込んで、旅先でスケッチしてます。

個展があれば、時には旅スケッチの展示も行ってみたりw)

 

 

▲旅荷物          ▲個展会場での旅スケッチエリア  

 

又、紐と木の実ビーズにもちょっとした小話が♪

『カルディの旅』は絵描き冒険家ネズミのカルディの物語です。

彼は友達であるネズミの女の子、ネルドリップから手作りの「旅守り」をもらったことがあります。

彼はそれを大事にザックに付けて、日々冒険の旅へ出ています。

画集を留める紐と木の実ビーズは、この「旅守り」に使用されたものと全く同じものになります。

 

(ちなみにこの「旅守り」は数年前に出品しておりましたが、今はもう在庫切れです。私も旅の最中、旅の鞄にぶら下げておりましたが、出展で最後にブースへ足を運んで下さってとてもカルディを気に入って下さいましたが、商品がどれも欠品だった為、自分のボロで良ければ…と差し上げました。大変喜んでいただけたのを覚えています。心から迎えてくれる方に出会えて、「旅守り」も幸せですね!今頃、もっといろんなところに連れて行ってもらえてるといいなと。)

----------------------------------------------------------------------------

内容のサンプルとしてはこのような感じになります。

『カルディの旅 他』には、『シマリスのノエル』や『沢渡ノ榧』、旅スケッチやデッサン等が収録されています。

 

   

▲『誓いの旅人たち』サンプル    ▲『カルディの旅 他』サンプル

----------------------------------------------------------------------------

 

5/7の仙台コミックマーケットで初版を販売。

完売の為、5/13に再販を行いましたが、そちらも即日完売となってしまいました。

次の機会を設けてオンラインショップで販売を行う他、6〜7月の仙台コミケ、8月の東京コミティア(当選すれば…)でも出品したいと考えております。

 

機会がございましたら皆様どうぞ覘いてみて下さいね♪

 

----------------------------------------------------------------------------

追記:木の実ビーズについて

 

『誓いの旅人たち』も『カルディの旅』も珈琲にまつわるエピソードがございます。

そんなわけで、一粒だけ珈琲豆をイメージした細長い木の実ビーズを付けておりますが、こちら「茶色」か「青色」でお渡しさせて頂いております。申し訳ございませんが、カラーは選べません。

 

茶色はそのまま「珈琲カラー」を象徴しております。

青色は、『誓いの旅人たち』のケイのイメージカラーであり、親友のアキが最初に手にしていたオカリナの色。そして『カルディの旅』最初の絵本のテーマになった「アラブの秘宝ラピスラズリ」をイメージし、このカラーをチョイスしております。

 

 


『沢渡の榧』の取材について度々記録してきましたが

今回は、そんな取材を通しスケッチしてきた作品設定資料(ラフ)をあげつつ作品についてほんの少しご紹介していきたいと思います。



先ずはじめに、この物語を描いてみたいなと思ったのは、地元東北のあれこれを面白く伝えられるお話を書いてみたいと思ったのがきっかけだったと思います。

関東や関西へ一人旅を続けていく内、地元アーティストというものを知って、インディーズな活動も面白いよなぁと(笑)
別に有名になれなくとも、売れっ子になれなくとも、それこそ地元貢献じゃないですけれど、こういう物描きで小さく活動していってみれたら、また一つ面白いかなぁと、自己満足にも思ったわけで…←
白石の山整備や南三陸のボランティアに参加していくことは今後とも勿論ですけれど!

これまで描いてきた物語としては、『STORY GATE』や『Adventure of kai』や『Kaldi's Travels』等、現代・アラビアン・異世界冒険ファンタジーばかりで、且つ中途半端な作品があったりしましたけれど、思い返してみれば「和」のものって書いたことがなかったんですよね。
そこで、創作のトライアルということで、東北にまつわるようなオリジナルの昔話なる物語を一本やってみようかと思いました。


空気の冷たさや、香りから秋色がだんだんと深まってきましたね。

先月の東京出張の合間で登った高尾山に引き続き、今月は地元仙台にて泉ヶ岳へ登ってくる予定で降ります。今年何回目になるだろうか…、行けど行けど、山は常に違った表情を見せてくれる。
寒さが少し気になるところですが、岱であったかいコーヒーを淹れつつ、自然の空気を沢山吸って、自然界のパワーを沢山頂いてこようかと思います♪
パワーを創作に、芝居に活かすぞ〜!!←


さて、 早くも来月の出展まで一月を切りました。
来る、デザインフェスタ!わ〜何も進んでないです、ハハ←おいおいおいおい

以前ご報告させていただきました通り、今回は11月末に渋谷で開催予定のグループ展の宣伝を兼ね、和物作品を初めて取り入れようかと思っております。



たとえばこんな和物色紙作品。試作品ですが…ボソッ
(この写真、サインはPCで入れてありますが、実際は原画にサインが入ってます…←)

ちゃんと月に見えるだろうか…;;
え〜ちなみにブースですが、上の写真の月のドデカイ板が目立っているかと思いますので、この月を是非覚えておいていただけると、見つけやすい?かもしれません←
「月」を目印に是非いらして下さい。(※ブースについては「出展について」の記事を参照下さい)

他にも、グループ展で紹介させていただくような作品を数点持参する予定でおります。
DMも持参しますので、よろしければ是非おいで下さい。

11/8は、仙台の創作仲間と合同出展、11/9は杉原のみの出展となります。


今回の11月のデザインフェスタとグループ展ですが、実はちょっとした挑戦をしてみております。

グループ展のテーマが「動く」なのですが、どうしても今まで自分なりの「動く」を見つけられないでおりました。割と早いうちからテーマは決まったものの、何も思いつかぬまま、ただただ仕事をし、研修の為に県外出張へ出かけ…この繰り返しでした。

ですがヒントというものはやはり身近にこそあるもので、小さなアイデアが頭を過ぎってました。

それは「手」です。


人の手というものは、凄いものですよね。

時に物を創り、時に音を奏で、時に誰を癒し、時に誰を殺し、時に誰を助ける…
時に優しく、時に荒っぽく、時に恐ろしく、時に悲しく、時に心強く思える手の表情…

こんなに様々な可能性がある「手」を盛大に使用して作品を作れないだろうか。
出来た作品によって、どんなメッセージ性が伝わるかはわかりません。
けれど、どんな意味・感想を持ったとしてそれが、人の心を「動かす(動く)」に繋がるなら…と思う。

多少、筆(道具)は使えど、折角ならなるべくは手を使って絵を描きたい。
絵具は触れてみると、幼い頃に田んぼの土(泥)に触れた時の、冷たい心地良さによく似ています。
又、ハンドペイントなんていう遊びも、童心の記憶が蘇ってきます。

元々は自然界から作り出された絵具。
ザラザラしたりぬるっとしたり。自然界の記憶がそのまま絵具に残っている感じです。

「手」の可能性はどこまであるのか、どこまで絵が描けるのか、どこまで表現出来るのか…なんて、とっても無謀ですよね(笑) 私自身、どこまで追及出来るかはわかったもんじゃありません。
初めて鉛筆を持って書き出す小学生の気分ですね。これから何本も折っていくんだろうなぁというような(笑)

古代の人々が指先で岩に絵を描いていたように、私も「手」の可能性を信じつつ、挑戦していきたいと思っております。

現に、上の写真は試作品ですが、指で描いた月です。
勿論、筆に頼る箇所もありましたけれど← 細い線、スプラッシュ以外の8割は全て手を使っております。指だけでなく、爪なんかも工夫して使用し、思い描く絵をかけたらいいなと思っております。


それでは来月、oliveのブースと渋谷道玄坂ギャラリーでお会い致しましょう!!





≫追記------------------------------

こっそりではございますが、声芝居の活動を復活させました。
ボランティアで参加させていただいているミュージカルの舞台も、なんだかんだで相変わらずお手伝いさせていただいております。今年から子ども達が増えたということで、満遍なくフォローしていけたらいいなと思います。
声活動や芝居が苦手な方はごめんなさい。コンテンツの「Voice」が芝居活動となっておりますので、覘かないことをオススメさせていただきます。










 
出展が少なくなってしまうかもしれない今年ですが、本日、oliveのオンラインショップ『プレッソの飛行艇ハヴァイーダク』がOpenしました!!

早速在庫が少ない状態ですが、お求めの方はお早めに!

ハンドメイドということで、一つ一つに違いがありますが、手作りがお好きな方は是非御覧下さい。

【olive】:http://nanos.jp/olive24welbon/


≫告知

10月末に仙台で開催のギャラリーについて、少しだけ詳細を記載しました。
まだハッキリ決まってはおりませんが、もしかしたらライブペイントを行うことになるかもしれません。
大学祭の日は一般解放されており、グッズ販売もしておりますので、ご都合よろしければ是非足をお運び下さい。

 今年の11月までのスケジュールが、突如決まったり変更があったりと、手帳の中で目まぐるしさを覚える杉原です(笑)

職場のスケジュールによって、創作のスケジュールが左右されるのは仕方の無いことではありますが、やはりちょっと寂しいですね。

抽選待ちをしていた8月の東京出展が、福島出張に変わりました。
抽選待ちをしている11月の東京出展が、もしかしたら…辞退?(海外へ芸術の勉強へ飛ぶことになるかもしれません…。まだわかりませんが、とりあえず今月末にパスポート取ってきます…ボソッ)

7月は、絵本の講習の為に関東へ向かうことが多くなりそう。
10月の個展は決定で、会場からのキャンセルがかからない限り、変更の予定はないです。

地元仙台での出展も、会場となる場所の工事の都合があり、運が良ければ夏に1度だけ出展出来るのみです。そんなこんなで、今年は何やら出展が少なくなりそうな雰囲気であります。まぁその変わりに、作品や創造力を磨く為の勉強が、沢山出来る機会が沢山ではあるのですが!


そこで今年は、年内のスタートを予定し計画してきたオンラインショップを、いよいよ開始しようと考えております。

今必死になってオンラインショップを作っているのが、カルディの仲間で機械に強い!ピグミーマーモセットのプレッソ!

オンラインショップ『プレッソの飛行艇ハヴァイーダク』☆
「ハヴァイーダク」は、ヒンドゥーの言葉で「航空便」。インドに住んでいたプレッソが、自慢の赤い飛行艇で、カフワベルトから商品をお送りします!!
只今様々な商品を準備中です♪(ページの作成はもう完成しているとか!…ボソッ)



デザインフェスタ、杜の都のアート展、コミティア等でご紹介予定だった作品もオンラインにて販売させていただきます。
※ 全てではございません。出展の時でしかご紹介出来ない商品もございます。ご注意下さい!!



※ご注意下さい※

・ 商品は全て手づくりとなっており、1点1点異なります。
・ 商品はなくなり次第、販売終了となります。
・ 商品の大量注文は受け付けておりません。
・ 返品・返金は受け付けておりません。
・ お支払方法は「口座振込」で「着払い」、手数料・送料は、お客様ご負担となります。

その他注意事項は、ご注文メールを頂いてからお知らせさせていただきますので、ご了承下さい。

日にちがまだ定まっておりませんが、なるべくなら今月中の始動を予定しております。長らくお待たせ致しまして大変申し訳ございませんが、もうしばらくお待ち下さい。
 







 
デザインフェスタにて出品を考え中のグッズ。

いろいろありますが、とあるグッズ素材が、本日仕上がりました。
それが以下のイラストです。



リアルさを残しつつもデフォルメして描いているカルディ達を、更にデフォルメしていくのが、自分の中ではけっこう難しく、素材を描きなぐるのに12時間もテーブルにかじりついてました←

実際に仕上がった素材はカルディ達だけでなく、タイマイと呼ばれるウミガメのコナさん、メガネカイマンの赤ちゃんワニのマラウィや、ストーブが大好きなヒゲペンギンのロブスタ等、カルディ達が旅先で出会うサポーターアニマル達もいます。

これがどのようにグッズ化していくのかは、試作中の為まだ秘密です(笑)
グリーティングカードやステッカー、栞ではございません。

イメージ通り完成しますよう、もう少しハンドメイド頑張ってみたいと思います。


皆さんこんにちは!杉原明です。

度々、oliveの【BonVoyage】に足をお運びいただき有難うございます。

少しずつ近付いてきたデザインフェスタですが、早いもので一月を切ってしまったようですね。

水面下で準備を進めておりますが、まだまだ手付かずな点が多々あり、少々焦っております、今日この頃です。

さて、そんな準備状況に伴い、以前、ご案内させていただきました商品案内につきまして、変更点がございますのでお知らせ致します。


■原画販売について--------------***




こちらは、原画販売ではなく、プリントアウトしたものを販売させていただきます。
今現在としては、紙へのプリントではなく、キャンバス生地を考え、準備を進めております。

※ 場合によっては原画販売させていただく作品もございます。
※ フレーム同時販売についての変更はございません。


今現在での大きな変更点は以上になりますが、今後とも多少の変更が出てくるかもしれません。
どうぞご了承いただければと思います。

それでは、来月中旬、カフワベルトにあるカルディの部屋でお会い致しましょう。









 

▲虫(カブトムシ、クワガタ、アリ、セミ、トンボ、テントウムシ、チョウ)
▲鳥(ハシビロコウ)
▲ランタン

カテゴリーをディスプレイにするか悩みましたが、昨日ノエルを紹介したばかりということもあり、商品・サービスご紹介ということでこちらのカテゴリーをチョイスさせていただきました。

以前ディスプレイについてご紹介させていただきましたが、今回のブーステーマは「カルディの部屋」です。カルディはキヌゲネズミの青年ですが、男の子と言えば、「昆虫採集」は外せません!!

(昆虫が大の苦手な男性の方もいらっしゃるでしょうが…)

きっとカルディの部屋には、昆虫達のスケッチや模様も沢山あるハズ!!

私達人間が、人間以外の生き物に興味関心があるのと同様に、カルディだって、自分以外の生き物には興味津々です。旅先で昆虫や動植物達と出会っては、交流したり、観察したり、絵に描いたり♪


------------------------------------------------------------------------------

私自身、昆虫の観察は小さい時から大好きで、少年のような少女でした(笑)
特にカブトムシやクワガタは大好きで、早朝に起きては街灯の下や、モモなんかを仕掛けた木を見に走っていったりしてましたね。時には、幼虫から育てたりもしてました。
その名残か、前々から昆虫の消しゴムハンコを作ってみたくてウズウズしていたんです(笑)

(写真で知り、上野動物公園で出会って依頼、虜になってしまった念願のハシビロコウも、ようやく掘り起こすことが出来ました。デザインが古代鳥みたいになってしまいましたが…www)

あ、ランタンはおまけです。もう少し消しゴムに余裕があれば、カボチャもおまけとして作ってみたいなぁと思っていたのですが…残念!また次回ですね。

(何故カボチャか。杉原が単に、描くのもデザインするのも食べるのも大好きな野菜だから。先日、街の雑貨屋さんで黄色いカボチャ柄のテーブルナプキンを見つけては、財布と相談もせずにレジへ運んでしまうという、そのくらい好き。←こいつ…)


さて、来月のデザインフェスタvol37まで、徐々に迫ってきております。出展はMブースということで、狭いスペースですが、今回はなるべくブースの中へ入って楽しんでいただけるようなコーナーにしていきたいと考えつつ、準備を進めております。

お楽しみの為に、ご紹介していない情報もございますが、カルディ以外のolive作品をご存知の方は、また少し違った視点でブースを眺めることが出来るのではないか、という設計になっていたりもします。pixiv等で、「他の作品」をご紹介しつつ、来月のデザインフェスタ当日にご案内出来たらなと思います。

「olive-welcome and BonVoyage-」
5月18日、19日の両日出展、ブースNoは「暗いエリア H−10」になります。
シアタースペース隣の列、中央通路のサイドから二番目になります。

デザインフェスタ、オリジナル創作活動をされている素敵なクリエイターの方々が集う、大きなアートイベントです。入場料発生のイベントとなりますが、ご都合よろしければ是非ともおいで下さい。




※予めご了承下さい※
※ ご紹介させていただいてる内容は、変更になる場合がございます。
※ 最終日の19日ですが、早めにブース撤去をさせていただく場合がございます。